プロフィール

arimasen

Author:arimasen
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

さようならをもう一度

 土曜の午前中から日曜の夕方まで一時帰宅を許されたので飛んで帰って支度し直し、府中へ。7Rと8Rを観戦。

 林騎手のアスターサムソン断然の1番人気。なぜか大差シンガリ負け。サムソンが引退させまいとストを起こしたんじゃ・・・?と妄想した。

 雨の中、競馬場の内と外をへめぐってお気に入りの鯉にもお別れの挨拶をした。体は黒いが顔だけ出していると白いので「わたしのゴールドシップ」と呼んでいる。今日はなかなか現れず心配した。

 ハロンボウのソフトクリームも食した。3階のパン屋でカレーパン(カレーブレッドとある。以前と違って食パンでくるんだっぽい)とコロッケサンドを買う。夕食用。

 明日は宝塚記念をTV生観戦予定。最後のGⅠレースか。JRAにも少々寄付。⑬から2点。当たっても換金できそうになく。

 それでは、ほんとにさようなら。

 二度あることは?

☆ 今夜聞いたCD
  ダンスリーのエリック・サティ
  波多野睦美のサリー・ガーデン

☆ 食べそこなったもの。枇杷。もう時期を過ぎた?
スポンサーサイト

ご挨拶

 これが最後の更新になるやも。明日から検査入院とやらの囚人生活に入ります。どうやら死刑もありそうな。

 「最後の騎乗」と言われている林満明騎手の東京ジャンプSだけは見たかったが、ラジオ観戦するしかなさそうだ。果たしてラジオの電波が入るか。テレビも見られるらしいが、メンドくさい。

 新聞も緑局も解約。残念ながら本やビデオ、DVD、レコード、CDの行く末を見届けることはできそうにない。暫定生涯最後の映画は<モリのいる場所>、確定しても悔いはない。

 もし、悪性なら「あ・あ」と言う暇もなくおさらば、さらば。その覚悟をしていながら、今夜も<ER>を録画、ルカのシーンだけダビングしているのだから、どこかで無罪放免か軽い刑ですむことを期待しているのだろう。

 開設当初からずっと読んでいるというご奇特な方がいらしたとしたら感謝∞。間違って立ち寄っただけの方にも、プチっと感謝。

 有馬 千の由来を最終記事で明かすとン年前に宣言したが、その決心がつかない。その後、競馬ファンになるとは夢だに想像しなかった頃にこしらえたので有馬記念とは全く関係有馬千。

 「恥ずかしながら戻ってまいりました」と言って再開できたらと1000対1ぐらいで期待。あと数ヶ月、音楽聞き三昧で過ごせたら。そうなれば、後数年と言い出すぞ。

 それでは、みなさん、さようなら。

      Okabianqueen 有馬 千


 

あの格言が再び・・・

 「走った牝馬の仔は走らない」

 80年代以降ではその筆頭がメジロラモーヌ、僅差でマックスビューティが続く。TVでKOSE(Eの上にアクサン・テギュ付き)の文字を目にするたんび、コーセイ→マックスビューティとの連想が脳内でチカチカする。

 当時、マックスファクターなる化粧品会社のCMが頻々と流れていて桜花賞でコーセイがマックスの2着に来ると成程そうだったか!というやうな文を読んだかなんかで(井崎センセー?)未だ鮮やかに甦る。駄洒落の類だけは決して忘れない脳構造になっているらしいのだ。

 先週土曜阪神でグローブシアターが好発から2400を逃げ切り2連勝。浜中騎手いわく「成長は確か」翌日は噂の大物2歳サートゥルナーリアが能力の違いを見せつけ完勝。シーザリオの仔は走る!そして走る仔はみな母親のように見映えがする。

 これで9頭目。残念なのは牝馬が3頭で且つ牡馬程の活躍が見られないこと。なんとかそっくりな娘で桜を勝ってほしいと願ってるのだが、要求し過ぎかな。「その通り。エピファネイアだけでも文句は言えない筈。『走った牝馬の仔も走る』よ」

 ではあるが、肝心なのはシーザリオは「そう走ってない牝馬」でもあることだ。日米オークス制覇の後3歳で引退。全キャリア6戦。今の所、期待外れのウオッカ、ブエナビスタは相当数をこなしている。血統面などそれ以外の要因もあるのだろうけど。

 果たしてジェンティルドンナは?


 

 

今週の行き当たり馬ったり #67

 食事、特に外食をすると30分で超特Qの異変が始まったのは3月だった。月を追う毎に頻度が高くなり先週は毎食後、内容問わずと相成った。一応医師の処方した薬を飲んでも効果なし。で、オークスとダービーは初の午後から入場。だのにインフォにプログラムが置いてあった!

 「ご自由に」棚に置く数を減らして「お一人様一冊」厳守できそうな方へ回したか、それとも若者捕獲に躍起になっているJRAが太っ腹なとこ見せて大増刷したのか。終活を始めているので入手できなくてもいいやとのんびり行った甲斐もなく。持って来ると捨てられないもんで。

 アハルテケSには行きたかったが、週中に緊張を強いられる行事に列席した為その疲れが抜けきらずTV観戦。元気でもやめたかもの暑さ。そんな中、サンライズノヴァが遂に先頭ゴールイン。エンジン全開になるのに時間の掛かる馬だ。

 本日の最大の関心事は勿論ベルモントS。ニューヨークだからもう終わってるなと元FENのニュースをに耳を傾けるとな、なんとジャスティファイが三冠達成!アメリカンフェイロゥが37年ぶりの三冠馬に輝いたのが3年前、出る時は出るものだ。3歳デビューでは初か。同じスキャットダディ産駒ミスターメロディへの期待も高まりそうだ。

 しっかし、腹が立つのはケンタッキーダービー、ベルモントSと翌日が新聞休刊日だってこと。ダービーの時は翌々日の新聞に掲載されるだろうと図書館で調べたら記事が全くみつからなかった!二度チェックしたのよ。JAPAN TIMESのことだけど。今度ばかりはデカイ記事が載る筈だ。3年前は月曜に発行されていた。まさか、前々日の出来事はスルーします?

 雨で重か不良まで予想されたのでDIには厳しいかと案じたら、東西で重賞制覇。どちらも初。サトノアーサーはいい位置に付け行きっぷりがいいのでこれは勝てるのではないかと馬より人でワクワクした。反対に1番人気のダイワキャグニーはスタートして早々にこリャダメそうと視界から外してしまった。馬場が合わなかったとしても14着は負け過ぎ。ほかにも理由があるのか鞍上が今日は無理と諦めたか。

 空き巣になった今週の阪神、デムーロが土日で10勝の荒稼ぎ。ルメールを抜き返したか並んだのか。更に恐ろしい情報が。ジョアン・モレイラ騎手がJRAの試験を受けるそうだ。合格すれば3人のカタカナ騎手で年間400勝かそれ以上・・・。おタケさんも本日の東京で影が薄かったしな。

 阪神4R障害オープン、林満明騎手がヨカグラで勝利。23日の東京ジャンプSが最後の騎乗となるのか。そうだとしたら行かざなるめ~よ、そう暑くもなく、何より降らないでちょーよ。

  

東西メイン、連闘馬が快勝!

 怪勝と言うべきかもしれない。阪神11RグリーンSを勝ったサイモンラムセスは8歳にして初の2連勝!なんせこれまで4勝しかしていないんだから、当然と言えば当然。先週2000を逃げ切って今日は2400大逃走。オトンはブラックタイド。思わず納得。

 安田記念、「リスグラシューを入れて応援1番のアエロリットをなんで外したの?」と問われて答えるもお恥ずかしいが、最後に付け加えたリスも削除しようか散々迷って残したのであった。ノースフライトの2着に来たトーワダーリンはおチビだったが、このレースはデカ馬が優勢、勝つ気遣いはなくともマイル券外なし、3着忍び込みあるかもなぁ。
 
 500㌔越えアエロリットが好走する可能性はリスより高い筈もウオッカのようなスーパーホースではないし、秋に備えここはお休みしてほしかった、妙にぐわんばって後に響くのがこわい、マイルCSを勝つ予定なんだから。と言って馬に伝わるわけもなく。直線半ばでは勝ってしまうかもと全力応援に切り替えた。

 なんでこんな馬が来るの?近3走連続2着、内重賞2回も勝ちはなく前走は唯のオープン特別、出走が危ぶまれたものの他馬の回避で連闘参戦。以前は良く言われたもの、「抽選をくぐり抜けた強運馬を狙え」そんな感じですねぇ。オトンはフランケル。なんか納得。するしかないか。

 アエロリットは桜花賞5着、返す刀でNHKマイル1着。事情はあったにせよヴィクトリアマイル4着、安田記念2着。牝限戦でころっと負けて牡馬に囲まれると実力発揮。はにかみ屋の乙女の風情でパドックを回っていたシンコウラブリイもそんなタイプだった。今のように桜花賞に出走できたとしても勝てたかどうか。

 わが本命サングレーザー5着。パドックの映像を見てやはりGⅠでは足りなそうだと覚悟したのでそうガッカリでもない。スワーヴリチャードはテンション高め、鞍下に白い物、勝てない証拠みっけ!この手が通用しないのはアーモンドアイだけ。DIはサトノアレスの4着が最高。

 4着と言えば、サクソンウォリアも少々高ぶっていたような。体形を見るとエプソムのタフな2410は厳しいのではないかと感じた。おまけに1枠は死枠らしい。スタートして中団辺り、それでも後ろ過ぎはせぬかと気になったが道中どんどん下がってこりゃ無理そう。前を行く3頭の叩き合いには全く加われぬままに終わった。

 しかし、ヨーロッパの皆さん、これに懲りずに4代前にリファールのいる牝馬にガンガン付けてください。その内ジェンティルドンナやキタサンブラックが誕生するかもしれませんから。全兄弟と言っても同じではないのでブラックタイドの方もよろしく!
ブログ内検索