プロフィール

arimasen

Author:arimasen
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

あっち←ブラリアン→こっち #5

 近頃、競馬場へ出かけると、もとい、どこでも!、どっと疲れる。府中→大井とハシゴしたのは4年前?5年?そろそろ1年と言えない領域か。的場パワーを注入してほしいぞ。

 ダービーの日は杖に縋って立っているのもやっとのようなGやBAを何人か必ずお見受けする。その熱意にいつも敬服する。もしかしたら初めて見た時から生きている限り毎年詣でると固い決意のもと皆勤続行中の方々なのかもしれない。どなたかに訊いてみたい。「昔もこんなに暑かったですかねぇ」

 真夏の陽射し、それでもしばしば雲が出てくれるのが有り難い。というやうな日でございました。一昨年は500㍉ペットボトル2/3位まで凍らせたものを2本持参したが間に合わない。そうだ、あれだ、コンビニ専用(?)1ℓボトル。昨年はそれを9割方凍らせて行ったが、ダービーのパドックの頃にはほぼ解けた。今年は結構残っていた。去年ほどは暑くなかった。

 オークスに続いて藤澤調教師の勝利、表彰式見るだ。優勝馬の登場を待っているとすぐ側にいた女子が5、6頭のBOX当たり馬券(式別不明)を見せてくれた。わけはなく連れのおのこがスマホでパシャ!なぁ~る。近頃の若ぇもんはコピーなんぞ取らんのだな。

 ダービーに一番必要なものは人も馬も爆発力と信じているが、今年もまた。東京コース向こう正で動くのは「べからず」の「初歩だよ、初歩。ワトソン君」にして最悪。大抵直線半ば、良くてあと100で力尽きる。しかし、ダービーである。一か八かの賭けが許される唯一のレース。「勝たれるぅ」と直感したのは上がって行き方がリズミカルで全く無理がなかったから。

 勝利への決意と覚悟が取らせた戦法だが、この馬なら可能との判断と信頼があればこそ。デビュー以来乗り続けた成果だ。2着のスワーヴリチャードの背にも常に四位騎手がいた。ワンアンドオンリーが勝っているとはいえハーツクライは産駒の絶対能力でDI勢に劣る上、爆発力でキングカメハにも対抗できない。今の段階で菊花賞の本命候補。前哨戦のレースぶりによってはアドミか、或いは第三の馬。

 というわけでもなんでもなくて本日は<おじいちゃんはデブゴン>を見る。売りやすい邦題だが、ちょっとなぁ、映画がかわいそうだ、何度か映る三匹のGさんたちがいい。これがあるとないとでは大違い。筋には全く関わらないけれど、そういうシーンが映画の価値を上げるのだ。

 洪金寶を銀座で見かけたことがある。74年か5年頃。なんか厳しい顔して立っていた。お付きみたいな男二人が何か探してる風であった。多分店だね。5丁目の細い通り。今の彼だと道交法違反になるかも。道をふさいで車の走行妨げたって。それか、三人でウロウロは共謀罪で逮捕、逮捕かな?

 柏餅、結局1コしか食べられなかった。また来年か。競馬場内露店で新潟の笹団子を売っていた。1コ売りが有難い。けど、餅がやわやわでガッカリ。ほんとの餅だとすぐ固くなって売り物にならないからだろう。ハロンボウのソフトクリームは今週食べるぞ。<我的特工爺爺>のように「たまにはいいんだ」

 工の字がほんとは途中で曲がってるのだが、PCに登録なし。我的はわたしの、爺爺はおじいちゃん、特工が分からん。爺ちゃんが所属していた組織の名に入っていたか、それとも普通の単語か調べつかず。

 んなわけで、F・フランシスの<TRIPLE CROWN>は未だ道半ば、プリークネスSを前にヒンクリー、で良かったかな?、潜入捜査中。実際のベルモントSまでに読み終わる計画、早くも暗雲。6月11日(日)午前7時~緑局中継予定。確かタダで見られたと思う。BS234であります。

 

 
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

arimasen
arimasen
FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索