プロフィール

arimasen

Author:arimasen
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

なんか、やっぱり2着なんですよね

 後方追走、直線半ば過ぎ、外からもん凄い脚で追い込んで、今度こそ、というか、今日はやった!んじゃないか、あー、クビ差届かずぅ~。昨日のプレスティージオに続き、ドライバーズハイも2着に終わる。ヨヨヨ。

 小倉10R不知火特別、タニノアーバンシーのお出まし、2番枠を利してハナを主張するかと思う暇もあらばこそ、8枠からコパノマリーンが飛び出しあれよあれよのドンドコ逃げ。テキは2㌔軽い。こうなると2番手集団の先頭は身動きが取れない。前の1頭は忘れ、後続に差されぬよう努めるほかはない。鞍上は2着取りに徹して、なんとか死守。本日のところは致し方なし。

 1着か4着以下と予想して▲にしたトーセンビクトリー、なんと2着。お先したのが△に下げたアエロリット。こちらも3㌔軽くて軽快に逃げてまんまと先頭ゴールイン。対するアドマイヤリード、ルメールは「いつもの後ろでなく真ん中のポジションがいいかな」と思っていたようだが、やはり後方から。それはいいとして行きっぷりが悪い。

 追い切りはヨーロッパの一団調教のミニ版風で毛艶も良く好調に見えた。唯、昨秋からほぼ月1で休みなく使われ、6連対中。前走がピークだったのではとの疑いは消えない。いつも言うように見えない疲れは見えないのだ。レースが終わってそれが原因かもと推測するのみ。

 そもそもGⅠ馬が夏のレースに出走して来る意味が分からない。秋の大レースに照準を合わせるなら6~8月は完全休養に当てるべきだろう。勝ったアエロリットにしても今後どう影響するか分からない。どこかで1走してマイルCSに向かうならあるかもしれないと思う。

 いささか強引と思いつつ本命にしたパールコードは10着。デカ馬なので女王杯向きかと逆算。アエロリットもかなりデカイ。秋華賞で有望か。ソウルスターリングが出て来るようなら絶対能力が違うと思うが。

 アイビスの2着指名は当たったような気がしないでもない。殆ど勝ったとこへまさかの伏兵。終わってみれば千直の達人の誉高い西田雄一郎!ラインミーティア。追い切りでは首を小刻みに使って軽快な動き、一瞬瞠目した。が、7歳牡馬じゃね、と無視。イテテ。ま、勝ったのが関東馬だからめでたし、めでたし。アエロは言うまでもなし、コパノ嬢も関東馬。順当にデビュー戦を勝ったレイエンダも関東馬。

 て、勝ったのだけ挙げてるんじゃ・・・。そのとおり!霊園だ、ありゃりゃ、変換するとこうなるのね、のレイエンダ、兄貴に比べ、尻尾がショボイ気がする。ま、兄貴も申し分なしという体形でなかったが、ラドラーダがビワハイジのような名ブルードメアとなる可能性は高い。なんせ、ちょっと遡ればウインドインハーヘアに行き着くのだから。このクロスを持った馬を見たいものだ。ディープブリランテでは近過ぎるか。4代前で揃うといいのだが、もし現れたとしてもその時は雲の上だか草葉の蔭から見るしかなさそうだ。(泣)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

arimasen
arimasen
FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索