プロフィール

arimasen

Author:arimasen
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

逆向きスターリング・アゲン!

 日曜月曜は一転して気温が上がり30度越えも、との予報が出た時点でや~な感じがした。体調を崩す馬がいるのではないか、観戦するにも「眩しい、暑い」と5.6月並の覚悟と準備がいる。なんせ今日は5時半頃まで競馬場なのだ!

 だった昨日、GⅠ並のパドック、静々現れたソウルスターリング、落ち着いた周回にまず一安心。も、束の間、鞍下にうっすら白いものが。黄信号チカチカ。これくらいなら、と初志貫徹馬券を買う。ターフビジョンに発走地点が映し出された時、鞍下にははっきり白いもの、首筋にも細かい泡泡。懸命にタオルで拭いている。ここで赤信号点灯。

 誰も行かないので自然とハナへ。北村くんのダイワキャグニーがぴたり貼りつくように直後を追走。元所属厩舎の馬なんだからイジワルしないでよ。たって、ムリだわな。スターリングの走りに全く余裕がない。これはつかまると見ていたが、予想以上にあっさり交わされズルズルの8着。ウオッカでさえ連続2着に終わっていたので3着ぐらいは折り込み済みではあったが・・・アワワ。やはりね、発汗の目立つ馬は実績、人気上位でも危険と再確認。

 馬は暑い→寒いよりその逆の方が対応しにくい。人間でも寒さに対しては着込む、体を動かすなどでなんとかなるが、暑い方は脱いでも脱いでも変わりがない。1~3着は5,6歳。経験が物を言う。のではないかいな。「ヨーロッパ血統だから暑いのは苦手」そうでしょう、そうでしょう。

 もう一つ考えられるのは速い時計で走ったオークスの疲れから完全には立ち直っていなかった可能性。2着馬もローズSで着外に敗れている。いずれにしても体調に問題があっての大敗でこれが実力ではない。唯、生き物ゆえ何かがきっかけでそのまま終わってしまうこともある。次走の選択が難しくなったが、先に期待。

 ダービー馬2頭は復活ならず。スターリングの前を続いて入線、いずれも3着グレーターロンドンからは僅差、着順程悪くないとは言えハナ差でも負けは負け、何がなんでも勝たねばならぬぅ~。

 京都金杯を取らせてくれたマイネルラクリマが展示コーナーで干草を食んでいたので京都オパールSはもう取ったつもりになった。ありがとう、ありがとう。8枠の関東馬キングハートとお隣りのタマモブリリアンに1番人気ソルヴェイグでどーだ!中継映像を見ていたら、先頭ゴールインしたソルヴェイグの馬番が違う。⑧と思っていたら⑦だった。8枠2頭が直線で早々に行く方知れずになっていたからいいようなものの。外れてホッ。まっこと情けない。

 ジョッキーベイビーズ決勝の表彰式で岡部さんを見物して帰る。司会の鈴木淑子さんが色紙を差し出すファンに応えすぐ近くまで来たので「いつ見てもおきれいで」と言おうかと思ったが結局やめた。若めのおのこなら決まる。オジサンでもいいかな。

 本日はきょうとうの方で7歳牝馬が快勝。スマートレイアー、54㌔以下なら6-3-0-1だそうな。ほー。しかし、女王杯だと56㌔でないの?余り頑張らないのが長持ちの秘訣か。同じ芦毛ということで10年の勝ち馬メイショウベルーガを思い出した。もしかしてご親戚?どんどこ遡ればみなそうだということになるが、レイアーはリファールの4×4だった。のみならず更に×5。これが余計でGⅠは勝てないのかも。

 つらつら考えてみるに、この3日間開催の重賞3コ、DIっ仔がみなさらって行ったんだ。2歳新馬戦のオトンは随分とあっちこっちなので2,3年後には「夢みたいな話だ」と振り返ることになるのか。京都3R牝限新馬戦を目の覚めるような末脚で差し切り勝ちしたソシアルクラブ、ブエナビスタの娘で父親はコロナシオンと同じキングカメハメハ。姉さんより大分デカイ。頼もしいが毛色が好かない栗毛。見た目、母親には全く似ていないので今イチ気乗りしない。シーザリオの娘は果たして?

 ジェンティルドンナ、ゴールドシップの子のレースを冥土の土産にしたいのでそれまでどうか地上に留まらせてください。祈るのみの毎日、でも、これってきりがないと思うです。宇宙相手だと時間はスコ~ンと伸びてせめて30億歳までという話に。

 人類、そこまで持たないだろうな。3000年紀どころか2100年もあやうい。と、思いつつ2222年を迎える人々を祝福したい、妬ましさでくらくらしながら。


 
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

arimasen
arimasen
FC2ブログへようこそ!
ブログ内検索